もしもの為の

操作する

今やスマホは大半の方が持っているものになります。 最近はメーカーによって、ガラケーの生産を中止を宣言した 会社もあるようですので、スマホが標準になりつつあると思われます。 スマホは便利ではありますが、常に使用している方も多く 鞄やポケットに無造作に入れられる事も多いので、壊れたりすることが 多々あります。 スマホが壊れると修理が必要になります。メーカーによって違いますが スマホを契約する際に、安心パックのような故障や紛失に対応する サービスもあります。月々、数百円の金額を払うと、もしスマホが故障した 場合に修理金額を負担してもらえるとか、状況によってはスマホを新品交換して くれたりもします。もし余裕があれば、入った方が安心です。

通勤・通学中にもスマホを手放せない方も多いと思います。 いつも使っていますので、うっかり落としてしまったり、 ぶつけてしまう場合もあると思います。 故障の例としては、液晶の画面が割れた、タップしても反応しない などがあります。スマホを修理する場合はデータを消去する場合も ありますので、大切なデータは定期的に保存しておくのがベストです。 また、スマートフォンは水に弱いです。 手に水がついた状態で操作をすると、水漏れの故障になることがありますので、 少しでも手に水がついている場合はハンカチなどで手を拭いてから 操作をするようにしましょう。 また、ワイシャツの胸ポケットにスマホを入れることも多いですが、 ワイシャツは汗がつきやすいですので、汗の多い季節は 避けるようにした方が無難です。 故障が無いのが理想ですが、何かトラブルがあったら すぐに修理に出しましょう。